中國文房四寳 株式会社クリモト
TOP 会社概要 特集 筆 墨 硯 紙 篆刻用品 その他
  TOP特集「翔馬牌宣紙」>Q&A お問い合わせ  
 
宣紙って何ですか?
宣紙と呼べるのは安徽省ケイ県で漉いたもので、
龍須草パルプ等を一切使わず、青檀皮と稲藁のみを使用している紙です。
   
単宣、綿連、重単宣の
違いは?
簡単に言えば、厚さ、すなわち重量の違い、単宣が基本的な厚さで、薄いものが綿連、厚いものが重単宣と考えて下さい。
   
淡墨での作品効果は?
淡墨を使用した場合、基線が先に書いた方が残り、後に書いた線はその下に埋まったように見える。これは先に書いた線の膠が後の線をはじいてしまうかららしいが、天然のネリではなく化学糊を使った紙では、この変化は出にくくなります。
棉料と浄皮の違いは?
原料の配合具合によります。棉料は稲藁60%、青檀皮40%。浄皮は稲藁40%青檀皮60%。浄皮の方がやや硬く、艶があるような感じがします。
   
精製って何ですか?
精製は原料処理に倍の時間をかけているので、滲み止まりがことのほかおっとりしています。紙を寝かせたような状態です。
   
筆との相性は?
漢字書だけでなく、仮名にも好適です。滲みを嫌うなら棉料夾宣がよい。さらに剛毫筆なら棉料夾宣か棉料単宣まで。その他の薄い紙は羊毫筆がぴったりで、精製棉料綿連などは筆圧のかかりにくい羊毫超長鋒で、さらに筆をつり上げて使うべきでしょう。
 
※以上は「翔馬牌」テストレポート(堀久夫先生)より参照
 
ページの一番上へ▲
 
 
Copyright(C)KURIMOTO CO.,LTD. All Rights Reserved.